•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


アーチ・インフラクチャー法

<大阪・30代・美容外科カウンセラー/ブロガー>
顔を細く小さくして女性っぽい小さな顔に変身する。
一般的に、西洋人に比べて東洋人の場合、頬骨が伸びる傾向があります。また、年齢の変化によって頬やこめかみの軟部組織が減少すると、頬骨が突出ぐあいが顕著になります。頬骨が目立つ人は、「感情的に見える」「男らしいごつい顔」「実際の年齢よりも年上に見える」というマイナス印象を他の人に与えるでしょう。この場合、頬骨を切断することで、細くて小さくまとまった顔にしてフェミニンで優しいイメージにできますが、頬骨のオーバーハングの方向と度合いによって手術方法が異なります。頬骨の前部の部分がはみ出している場合は、口の中から近づき、頬骨を削り取って小さくします。
頬骨が側面(横方向)に突出している場合は、アーチの前部と後部の2つの部分を切断して頬骨を内側に動かすアーチ・インフラクチャー法を行います。
頬骨がどの方向にどれだけ伸びているかは、人によって異なります。手術前に画像をシミュレートしてチェックして、どのような方法を行えば理想的なアウトラインになるかを確認することは良いことです。

頬骨削りの外科的方法
1.頬骨体部
・頬骨の前部である頬骨を切るため、口腔の内部から近づきます。上唇と歯肉の間の粘膜を開き、削り取る方向に向かって引き剥がします。
・頬骨が突出した部分に到達すると、周りの組織を損傷することのないように丸棒(医療用の電気サンディング)でこすります。この部分の骨は太いので、5〜6mm切ることができます。
・目視検査や触診で左右差がないことを確認した後、周囲とのバランスを確認し、粘膜を縫合して終了です。
2.頬骨弓部の骨切開:アーチ・インフラクチャー法
・頬骨の外側である頬骨弓は細い骨であるため、削っても薄くできません。この場合、弓の前後の2つの部分を切って内向きにスライドさせて固定するアーチ・インフラクチャー法が行われます。
・まず、頬骨体部骨切り術で口腔からのアプローチし、頬骨体部を剥がし、頬骨弓の深部(耳側)に引き剥がす。
・次に、耳の前に約3cmの切開を行い、頬骨弓部に向かって前進し、口腔から引き剥がしながらトンネルを開く。
・このトンネルの入口と出口付近の2つの入口で、それぞれ骨を切って内向きに動かして固定します。この結果左右に2cm以上の変化が認識され、小顔効果がもたらされます。
・口腔内や耳の前で皮膚を縫合して終わりです。

手術のポイント
・口腔内の切開は唇の裏側になるので、口を開けても目視できる場所には傷がつきません。
・耳の前の傷は耳の軟骨に沿った曲線の切開線であるため、2〜3ヶ月後に赤みが消えてしまえば傷跡はほとんど分かりません。
・身体部分と弓部分の両方の頬骨を薄くしたい場合は、身体部分を削ります。

手術について
治療:頬骨体の骨切りは1時間半、弓部骨切り(アーチ・インフラクチャー法)は約4時間。
傷跡:頬骨体部の場合は、口の中からの操作であるため皮膚を傷つけることはありません。アーチインフラクチャー法の場合、耳の前方約4cm弱のところが切開部となります。それ軟骨の湾曲に沿った形で切りますから、赤みが消えればほとんどわからなくなり安心です。
麻酔:全身麻酔でそれを行いますが、リカバリールームで数時間を休憩し、その日に帰ることができます。
入院:基本的に不要ですが、あなたの状態によっては、長期的なフォローアップの観察が必要であるため、一泊入院するクリニックもあります。
来院:定期点検として、手術後2週間、1ヶ月、3ヶ月にクリニックを訪問します。心配することや問題がある場合は、その日以外の日でも診断を行います。
メイク:当日からOKです。
その他:手術後1週間はできるだけフェイスバンドを着用して圧迫してください。
よくある質問
Q:数年前にも頬骨を削る手術を受けたんですけど、そのときはあまり小顔になった気がしませんでした。というより全然輪郭が変わっていないです。もう一度手術できますか?
A:外科手術前にX線や3D-CTの画像診断を行い、骨削りやアーチ・インフラクチャー法を安全に行うことができることが確認されれば手術を行うことができます。特に、頬骨弓骨切り術(アーチ・インフラクチャー法)が行われていない場合、新たにこの操作を行うことにより、顕著な小顔効果が期待できるでしょう。
Q:小さな顔になりたいんですが、頬骨を削るだけで効果がありますか?
A:正面から見たときに両方の頬骨が横に張り出していて、顔の輪郭が「ダイヤ」型ならば、アーチ・インフラクチャー法で小さな顔の効果が期待できます。しかし、下顎がかなり大きい場合は、頬骨を切って「下ぶくれ」のフェイスラインにならないように注意する必要があります。顔がかなり大きく見えてしまいますからね。
Q:私は頬骨を切る予定です。右側が左側に比べてかなり大きいんですが、それは大丈夫ですか?
A:手術前には、X線や3D-CTの画像診断を行い、最善の方法について効果的な手術計画を立てる必要があります。状況や症状に応じて、アーチ・インフラクチャーと頬骨体部骨削り、左右で別々の手術が行われる可能性もあります

※当ページのアーチ・インフラクチャー法に関連する文章は読者の寄稿記事につき、内容の詳細およびその真偽については管理人は判断しかねます

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •