•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


小顔形成

<東京・20代・都内美容外科勤務>
輪郭形成
顔の輪郭は、顔の骨(硬組織)に基づいて様々な軟部組織(筋肉、脂肪、コンジュゲート、皮膚など)が3次元的な組み合わさることによって形成されます。
下顎骨の外形手術では、下半身の基底である下顎骨の形態を改善することによって、フェイスラインを大幅に変更することが可能である。
また、人の顔の印象は、硬組織(骨)と軟組織とのバランスに大きく影響され、このバランスが輪郭形成の手術を行う際には非常に重要である。

先進的な小顔形成
下顎角部の顕著な突起や張り出しのために、角度分割骨切り術(ASO)や湾曲角骨切り術などの優れた技術が開発されています。
しかし、近年では、美意識の高まりにより下顎角部がはっきりと張り出していなくても、「より小さな顔になる」ことを望む人が増えています。
従って、下顎骨の輪郭形成は、単純なエラを削る作業だけでなく、いわゆる「小さな顔を作り出す」(以下、「小顔形成」という)のアプローチとしても求められているのです。
では、理想的な「小顔」とは具体的にどういった輪郭のことを指すのでしょう?

下顎角形成術と小顔形成術
究極のスモールフェイシャルプラトー
骨をエラから顎に擦り落とす下顎輪郭骨切り術を指し、クリニックのユニークなスキルと経験を生かした究極の小顔形成術です。
小さな顔の正面からの印象は、イレーサーカットで外皮を切ることでより効果的になり、側面からの印象は、エラから顎へかけての骨の掻き取りによって効果的であり得ます。したがって、下顎骨切開術は、非常に高い小顔効果を生じさせる治療です。
しかし、顔の輪郭は美容整形において最も困難で専門的な分野であると言われています。高度な技術と経験はもちろんですが、骨を切削するだけでなく、手術前に切る程度と方向、そして範囲を正確に診断することが重要です。
もしあなたが小顔形成を受けるなら、顔面輪郭手術の実績が証明されており、常に安全で最高の結果を追求しているクリニックを選びましょう。あなたの希望を最大限に引き出す理想的なフェイスラインを目指し、ベストな小顔形成手術を提供してくれます。

フェイスラインを把握する方法
小顔形成ではあらゆる方向から顔を見てフェイスラインを判断することが大事です。実際トップモデルのフェイスラインは、あらゆる角度や前面・側面にかかわらず美しく感じます。
この観点から、オトガイから下顎角につながる線(Vライン)が小顔形成を設計する上で重要なポイントであることを考慮しフェイスラインを見直しました。このVラインを基準にしてエラ削りやオトガイ形成といった小顔形成術を行うのです。

ここで理想的なVラインを考えてみましょう。
従来のX線撮影に基づく顔面骨の標準値に加えて、軟組織容積を考慮した3次元標準が必要となります。
フェイスラインだけを見ると、見る角度によってラインは変わりますが、美しい輪郭の印象というものはどのような角度から見ても変わらないものです。
これは、あくまでもフェイスラインは顔全体のバランスの中で把握されるためです。
同じ視点から多くの美しい顔を見ると、イヤーリングの根元を口角から結ぶ平面上の輪郭(特に笑顔のとき)は、V線とほぼ平行なラインとなりました。
これを独自にSラインと名づけ、Vラインを設定する上で最も重要な指標にします。すなわち、Sラインと平行になるようにVラインを設定し小顔形成を行うことで、三次元理想面線を描くことができるのです。

最後に、もう一度、理想的な輪郭について考察してみます。
世界にはあらゆる種類の美しい女性がたくさんいますが、それぞれが持つ美しさの要素は同じではなく、理想的な輪郭に絶対的な答えはありません。
その人の人格、生活習慣などのバックボーンに応じて、理想的な小顔形成には無数の答えがあります

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •