•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


上顎歯槽骨形成術

<名古屋・30代・元クリニックスタッフ>
上顎の前歯部分にのみ問題がある場合に使用する方法です。
上顎歯槽骨形成術の手順を簡単に説明すると、まず左右の後歯を抜いて取り外します。次に、左の犬歯から右の犬歯まで計6本の前歯の範囲の歯槽骨を前歯ごと骨切りし、先ほど抜歯して出来たスペースに後退させます。適切な位置まで移動させ調整した後、プレートとネジで固定し、歯の裏からプラスチック製のギプスで追加固定します。

上顎歯槽骨形成術が適用される人
主に上顎の前歯部に問題がある顎変形症の人に適用があります。
顎変形の原因が前歯部の問題ではない場合、右手術は適応されません。

心に留めておくべきこと
上顎歯槽骨形成術を行った後、笑ったときに歯肉が大きく現れるようになることがあるので、術後の影響を十分に認識する必要があります。

上顎歯槽骨形成術の副作用と対処法
・出血
手術中に出血することがあります。しかし、口中の出血を完全に止めることは困難であるため、手術中や術後に出血が頻繁に起こると言われています。
可能な限り手術時間を短縮する予定ですが、手術中に血圧を下げる麻酔も検討しています。しかし、手術時間が伸びることや出血の可能性が考慮されている場合には、予め輸血用の血液を採血しておく場合があります。

・感覚異常
手術中の操作による神経の圧迫により、手術後感覚が鈍くなるなどの異常が考えられます。
それはしらくすれば自発的に回復するが、症状は長ければ約1年間留まり、投薬やレーザー治療を行わなければいけない可能性があります。問題の症状が現れたら、できるだけ早く医者に相談しましょう。

バックトラッキング
上顎歯槽骨形成術で動かされた方向とは反対の方向に戻る、つまり上顎が元の位置に戻ってしまうことがあります。
矯正した上顎部分が元に戻るのをできるだけ防ぐためには、手術後にアフターケアをきっちりと実施し、定期的な検診とフォローを欠かさないように注意してください。

下顎骨の間接障害
顎変形症は同時に顎関節症を併発している可能性があります。顎関節障害は手術によって改善されるが、症状がさらに悪化したり、新しい顎関節障害が生じることもあります。
顎の周りの筋肉を訓練したり、手術後に過度の力を加えないように注意を払いながら改善してください。

閉塞性睡眠呼吸障害
顎矯正手術を行うと、空気の経路である呼吸路、すなわち気道の幅が小さくなり、眠っている最中に無呼吸症候群などのトラブルを誘発する可能性がある。
睡眠呼吸の症状が疑われる場合は、気道を閉塞させない手術を受けることができますが、術後の管理を完全に妨げることもあります。

上顎歯槽骨形成術のコスト
800,000〜150,000円
(保険の適用があれば場合によっては10%〜30%があなた自身の支払い金額になります。上記は高額医療費支払いのための価格です。価格はこの療法だけに限定されませんが、歯科矯正治療や手術前のものが含まれます)

上顎歯槽骨形成術の所要時間
入院期間:約1〜2日
治療時間:1時間半から2時間

※当ページは読者の寄稿記事につき、考察内容の正誤は管理人には判断しかねます

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •