•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨体部減少術

<神奈川・20代・美容外科カウンセラー>
顔が大きく見える理由のうち、特に頬骨がはみ出している場合を改善する手術を説明します。
驚くほど多くの人々が、顔が大きいという悩みに苦しんでいます。世界の流行に伴い、顔小さくて可愛い顔が主流なので、肩身の狭い感じがしているようです。
顔が大きいという印象を与える理由はいくつかあります。そのうち、頬骨が引き伸ばされれば、必然的にその下の頬に凹みが生じ影が現れることで、顔の大きさが実際よりも長く大きく見えてしまうのです。そこで頬骨の突起を切り取ってバランスを取ると、若々しく洗練された外観に変わります。また、頬骨の形を整えたときに頬の突起が無くなる分、それだけ鼻が高く見えるという効果もあります。

手術内容
頬骨は、頬骨体部と頬骨弓で構成されています。頬骨の突起の位置と頬骨をどこで切断するかによってとるべき手法が若干異なります。

・頬骨体部減少術
頬骨が前方や斜め上向きに突出している人に適しています。骨や皮膚を口のなかの切開部からアプローチして剥がし、頬骨全体を露出させます。その時、頬骨に付いている咬筋の一部が切り取られます。
その後、電動丸棒や骨切り刀で突き出ている頬骨を切除します。最後に骨ヤスリでなめらかになるまで削って操作が完了します。
頬骨を丸くしたまま平らにすることなく頬骨をこすり落とすことが重要です。また、周辺組織に踏み外さないよう注意しなければならないため、頬骨体部減少術では慎重な作業と高度な技術が必要です。
口中を切開してから近づくので、フェイスに傷が残る心配はありません。他の骨切り手術のように骨を固定しておく必要はなく、いたって自然な仕上がりを得ることも魅力的です。頬骨の身体部分は厚いので、5〜6mmほどはカットすることができます。
・頬骨弓部の縮小(アーチ・インフラクチャー法)
頬骨の横への張り出しが強い人や、頬骨のために顔のサイズが大きく見える人に適した方法です。頬骨が横に飛び出しているので、原因は頬骨弓にあります。したがって、頬骨状アーチを小さく切断し移動させることが適切です。

・頬骨体部減少術+アーチインフラクチャー法
頬骨全体のザイズをダウンさせたい方におすすめです。頬骨は、頬骨体部と頬骨弓を連結することによって形成されます。同時に両側を切断したり、骨を切ったりすることで、より効果的にアプローチできる方法です。耳の上から頬骨弓の骨切りを切り、口から約4〜6 mmの頬骨を切る。小さな頬骨を内側に移した後、特殊なワイヤでしっかりと固定します。その後、周囲の骨格との間に段差が残らないよう丁寧に削ってなめらかにして操作は完了です。頬骨弓の形状によってはワイヤで固定することもできます。
最長の手術時間を要する方法ですが、それに比例する劇的な小顔効果です。何が何でも小顔になりたい人に適しています。

こんな方には頬骨体部減少術が適しています
・突出した頬骨をあまり目立たないようにしたい人
・穏やかな女性の機能を作りたい人
・頬骨で古いものを見ている人
・半永久的に小さな顔にしたい人

頬骨体部減少術のメリット・デメリット
頬骨の張り出しが目立つ顔は日本人のような東洋人によく見られる特徴です。いわゆる顔デカという印象を与え、顔面に凹凸があり、鼻が低く感じられます。
メリット
・小さくて美しい顔が半永久的に続きます
・あこがれの小顔を手に入れることが出来る

デメリット
・腫れやむくみが1~2ヶ月間続く
・痛みは個人差があるものの長いと約3ヶ月間持続することがあります
・まれに神経を傷つけ、永続的な麻痺または無感覚になる可能性がある
・医師の技術的問題によっては、不規則な形状になることがあります
・頬が弛緩しやすい
・高コスト

手術後の注意
頬骨体部減少術は、骨を切ることから美容整形手術の中でも大きな手術だと考えるのが良いでしょう。大きな痛みや腫れが確実に発生します。
したがって、長い術後の経過に備えて準備する方が良いでしょう。
・手術後の痛みや腫れは非常に強いので、鎮痛剤を服用して状態を見る
・腫れが完全に消失するまでには長くかかることがあることを頭に入れる
・食べたり話したりするときに痛みを起こす傾向があるので注意してください
・少なくとも3日間の院内治療が必要です
頬骨体部減少術は患者の約半数が手術後に麻痺や麻痺を呈するという意見もあります。
さらに一度シェービングされた骨は元の形に戻りませんので、間違いを防ぐために信頼できる医者を見つけることが重要です。

以上、このページでは主に頬骨体部減少術について述べてみました

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にはありません。どうかご理解ください。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •