•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


セリューション豊胸手術

<東京都・40代・美容外科勤務>
セリューション豊胸手術は、自分の太ももから採取した脂肪から「幹細胞」と呼ばれる細胞を収集し、活性化する医療機器です。
幹細胞は安全性と有効性が国内外の研究機関を始めとする様々な医療機関で確認されており、美容分野でも豊胸や皮膚の若返りに広く使われています。
セリューション豊胸手術は、古いタイプのものよりも多くの幹細胞を抽出し、移植された組織を長期間維持する能力によって特徴付けられます。
そのため、従来の豊胸や若返り技術において上記のような要望に満足できなかった方や不安な方々に自信を持って提案できる治療となりました。
幹細胞は、脂肪に含まれているので機能が不十分であり、含まれる量も脂肪中ごくわずかです。幹細胞を分離せずに脂肪を注入するだけでは、脂肪を胸に固定することは難しく、最終的には元の胸サイズに戻ります。さらに、十分なしこり防止の効果を得ることができないのです。
幹細胞豊胸術は、脂肪細胞と幹細胞を分離し、能動的に幹細胞を抽出できる唯一の「セルーションシステム」を使用しています。過去に存在しなかった優れたバストアップ効果を実現できます。

優れた医者はセリューション豊胸手術を簡単に説明します。・・
セルーション脂肪幹細胞注入豊胸は、世界で幹細胞を自動的に抽出する唯一のシステムです。コンデンスリッチと比較して、採取される脂肪の量は増加するが、幹細胞を別々に抽出してバストに注入することにより、コンデンスリッチバスト法よりも高い定着率を実現することができるのです。さらに、豊胸分野では、日本では唯一の脂肪幹細胞注入豊胸として認識されている方法です。手術後1ヶ月で完了し、他の方法のように手術後6ヶ月まではバストが小さくなるという心配はほとんどありません。 2カップもバストアップでき、2カップアップの保証制度まであります。
セリューション豊胸手術の症例数が2016年前半に世界で最も多かったのは、湘南美容外科。セルーション法脂肪幹細胞注入豊胸では、最大の定着率、最小のシコリリスク、最良の結果を提供することができます。

湘南美容外科クリニックでのセルーションを推薦する理由は、主に次の3つの理由があります。
・自然な快適感
バストとしてあなた自身から吸収された脂肪を使用するので、それは不自然な硬さとへんなふっくらな感じがありません。可能な限り大きなサイズを作りたいと思っていますが、バッグを置くのに抵抗がある人にもおすすめです。
・定着率と持続時間UP!
幹細胞は、新しい脂肪および血管に分化(形質転換)し、複製する能力を有しています。脂肪組織は、セリューション豊胸手術によって活性化された幹細胞をバストに注入することによって、新しい細胞を作り続けるのです。その結果、湘南美容外科は脂肪の定着率と持続率の大幅な改善を実現しました。
・しこりのリスクを軽減する
まず、脂肪注入施術としこりを作ることができるメカニズムによってしこりが形成される方法を説明します。
注入された脂肪組織は、十分な血流および栄養を必要とします。多くの不純物を含む脂肪を注入すると、血流が適切に循環しない状態になります。たとえば注入された脂肪を1箇所に偏らせるなど脂肪組織が壊死します。この壊滅的な脂肪はバストに残り、しこりになります。セルーションでは、脂肪に含まれる多量の幹細胞が血流を広げ、脂肪組織の壊死を防止するのです。したがって、脂肪をたくさん入れても、しこりになりにくいので、安心して治療を受けることができます。

セリューション豊胸手術の体験談・・
もともと豊胸にはマイナスイメージを持っていましたが、サプリメント、クリーム、光豊胸エステなど高額のお金を使ってもほとんど効果がなかったので、決心してセリューション豊胸手術を受けました。ネットで脂肪注入豊胸の症例を調べると、胸に激しい痛みがあり、胸にしこりが見られ、吸収されてほとんど効果が見られないなどの口コミがあり不安になりました。また、不安を煽る評判も見ましたが、湘南美容外科クリニック新宿本院の中村先生を信じて、私は手術に挑みました。手術中でもスタッフと医師は非常に親切で、私はリラックスして手術を受けることができました。私が心配していた痛みは麻酔注射の痛みだけでした

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •