•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸バッグ

<東京・30代>
豊胸バッグ挿入法は、たいてい脇の下からで傷口は3〜4cmなのでほとんど目立ちません。

豊胸バッグポイント1・・
豊胸バッグ挿入法は、日本で最も人気のある豊胸術の1つです。症例数は各美容外科で異なります。多くの症例を重ねた美容外科の専門家、美容外科歴5年以上の医師が手術を担当しているクリニックが安心でしょう。

豊胸バッグポイント2・・
希望と症状に応じて最適なバッグを選択してください。
優良院では、安全性、快適性、形状などの独自の基準に基づき、人工乳腺バッグを様々な形で提供しています。それで、あなたは実際に患者の身体的なデータとあなたが望む要素とサイズに従ってそれらを実際にそれらを触って選択することができます。

豊胸バッグポイント3・・
豊胸手術では痛みのない、安全な麻酔法が受けられます。
共立美容外科では、全身麻酔やリラクゼーション麻酔を併用しています。麻酔法の選択は医師または麻酔医の判断によりますが、どちらの麻酔法を選択しても、睡眠中に手術は終了します。患者は手術中に痛みを感じません。

豊胸バッグポイント4・・
術中のサイズの確認について。
以前は手術中にバストアップしたサイズを確認していましたが、手術(半分寝ている状態)で、さらに術中の恐怖心で正しい判断を下すことは不可能であると理解していましたので、術中のサイズの確認を行わない病院が増えています。

豊胸バッグポイント5・・
徹底したフォローアップシステム。
徹底したフォローアップ体制をとっており、手術後1年間無料の検診を提供しているクリニックも多数です。例えば、手術後1ヶ月間インプラントの位置が適切であるかどうか、手術後6ヶ月に1回定期検診、半年〜1年でまた観察のために来院してもらいます。検診の間隔は病院にとり異なります。また、術後乳がん検診は、付属の診療所でも行われているところもあり安心です。

豊胸バッグについて・・
現代では、様々な種類のインプラントが用意されており、最高の治療法を選択することができます。バッグによる豊胸では人工乳腺である “インプラント”を挿入し、バストアップします。この人工乳腺は、液体またはジェル状の内容物(「バッグ」とも呼ばれる)で包まれた強力なシリコンでできています。現在、日本では数種類のバッグを使用することができますが、内容物に応じて合計3種類、表面によって2種類の合計6種類に分類されます。
また、マシュマロのように柔らかい「モティバ エルゴノミックス」もあります。 “モティバ エルゴノミックス”は、特殊配合ジェルによる最高の柔軟性を実現しました。表面はシルク加工され、「皮膜拘縮(カプセル拘縮)」などの副作用を軽減しました。

豊胸バッグの種類について・・
モティバ(柔らかい豊胸バッグでマシュマロのような胸に)
ポイント1・・
FDA認可の米国・Nusil(ニューシル)が製造したものでCEマークを取得しました。長期間のインプラント用の医療グレードのシリコンのみが使用されています。
ポイント2・・
ジェル充填量は100%であるので、リップリング(乳房の中でバッグがしわになる)の確率は0%に近づいています。
ポイント3・・
被膜拘縮の副作用を防ぐために、バッグの表面は「スムースシルク」に加工される。絹のような表面です。
ポイント4・・
強い衝撃からの損傷を防ぐために安全な6層構造。
ポイント5・・
高い耐久性を実現するモノブロックプロセスにより、バッグ本体と底部(ジェル充填に関与する部分)の間の接合が強化されています

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •