•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


コンデンスリッチ豊胸手術

<神奈川・30代>
自分の脂肪を素材として使用するコンデンスリッチ豊胸手術。
シリコンバッグのようなインプラントを挿入する豊胸は、バストの大きさを大きく変えることができるけど、不自然な外観や触感、カプセル拘縮などの拒絶反応、破損によるシリコンの漏出、および感覚異常など、様々なリスクがあります。
したがって、自分の腹部や脚から吸引した余分な脂肪をバストに注入(移植)する方法が脂肪注入法。その最も人気な方法でコンデンスリッチ豊胸手術は注目を集めています。
脂肪注入法はあなた自身の脂肪を使用するので、実際のバストを非常に自然にボリュームアップすることができます。

コンデンスリッチ豊胸手術は伝統的な脂肪注入豊胸術よりも良質の細胞は約1.4倍です。
凝縮した豊富な乳房の拡大では、採取した脂肪をそのまま注入するのではなく、外気に触れることなく遠心分離し、死んだ老化細胞や特許のウェイトフィルターでしこりを引き起こす細胞膜などの不純物を取り除きます。ウェイトフィルターをかけて遠心力を加えると、通常より約25倍のG(圧力)がかかり、古い弱い脂肪細胞を排泄することができます。さらに排泄油となった液体と残りの凝縮脂肪(CRF)をしっかりと分離します。
この特許技術により、高密度に細胞密度の高い濃縮凝縮脂肪(CRF)を注入することができ、高い効果が期待できます。単位体積(同容量)あたりの細胞数を実際に比較すると、従来の脂肪注入法に比べてコンデンスリッチ豊胸手術は少量でも細胞数の約1.4倍が確認されます。
また、これらの工程はすべて注射器で行われるため、注入される脂肪は常に無菌であり、感染症などのリスクは大幅に低減されます。

リスクを回避するための注入方法
一般的な脂肪注入方法は1か所に注入されているので、脂肪は胸の塊になります。これが起こると、血液と酸素は塊の中心を通りません。脂肪の壊死はしこりや石灰化などのトラブルを引き起こします。これを避けるために、高度な技術と豊富な経験を必要とする「マルチプルインジェクション」注入法を採用し、さまざまな層に分散注入します。特に、「φ2.4mmヌードルインジェクション技術」は、塊の可能性を可能な限りゼロに近づけることを可能にしており、現時点では最も安全な注入技術であるといわれています。
しこりなどの原因も噴射量に影響します。あるデータによると、約250ccの脂肪量の限界を注入することができるといわれています。それ以上の脂肪量では、分散して注射しても、狭い空間に脂肪が付着し、血液や酸素は通過しにくくなります。この点を考慮し、安全なコンデンスリッチ豊胸手術を受けることが大事です。
注入技術が前提条件ですが、同じ容量でもより多くの細胞を注入できるコンデンスリッチ豊胸手術は、この要因からいっても従来の脂肪注入豊胸術よりも高い効果を有すると言えるでしょう

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •