•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


コンデンスリッチ豊胸手術・失敗

<東京・40代・元美容外科勤務>
コンデンスリッチ豊胸手術は失敗のリスクも高いですが、日本医療脂肪幹細胞研究会 CRF協会より正式認可を受けたクリニックで行えば安心です。

日本医療脂肪幹細胞研究会 CRF協会にて規定された正規プロセス証明書を手術後に配ってくれる美容外科も多くあります。
治療を受けている患者は術中、麻酔状態で寝ているので、コンデンスリッチファット(CRF)抽出の過程を確認することができません。病院によっては、この過程のいくつかが省略されているようで、CRF抽出とは異なる治療を行っている悪質美容外科の存在が最初に報告されているようです。
CRF正規プロセス証明書を発行することは、コンデンスリッチファット(CRF)療法を実施する際にCRF協会によって確立された正しいプロセスに従って施術を実行したことを証明するものです。なので正規プロセス証明書配布のあるクリニックでコンデンスリッチ豊胸手術を受ければ失敗のリスク回避にもつながります。

脂肪を集めるための部位の仕上げにも完全に考慮・・
脂肪注入による豊胸手術は、脂肪の質および注入技術の影響で仕上がりに差が出ます。特に脂肪吸引においては失敗例が非常に多く報告されています。たとえ自然に美しく胸を張り上げることができたとしても、脂肪が採取された部分がでこぼこになってしまったら、それは成功とは言えません。
豊富な脂肪吸引経験から得られた知識とスキルを活用し、肌の質感や体全体のバランスを損なわないように脂肪を集められす名医を選択しましょう。

コンデンスリッチ豊胸手術に失敗しないために・・
これまでの方法で豊胸手術に躊躇した人々でさえも十分に考慮することができる最先端のメニューの1つがコンデンスリッチ豊胸手術です。
脂肪を確保することができれば、2カップ以上のバストアップをすることもできます。すでにシリコンバッグ豊胸をおこなっている人が入れ替えをすることもできます

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •