•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術・後遺症

<東京・20代・美容外科勤務>
脂肪注入法による豊胸手術の後遺症は下記のものなどが考えられます。
・脂肪吸引部分が凸凹になる
・注入脂肪が石灰化
・しこりの発生
これらの後遺症は、脂肪注入法で起こり得ます。また、バストだけでなく脂肪吸引部位でも後遺症が起こる可能性があります。これは脂肪注入法の豊胸手術の特徴ですね。
上記の後遺症については、
・脂肪幹細胞注入法などの定着率の高い脂肪注入豊胸手術を実施。
・脂肪を一気に注入しないで、いくつかの部分に注入する。
これらの対策を講じることで、リスクを軽減することができます。

<大分・20代>
豊胸手術の事故と言えば、シリコンバッグが破裂するというイメージがありますが、リップリングやカプセル拘縮、しこり、石灰化など他にも後遺症があります。バストアップ法では豊胸手術が最も素晴らしいと言われていますが、リスクも大きいです。私は貧しいおっぱいですので、手術を受けたいと思っています。ですが後遺症に苦しむのやごめんです。

<仙台・30代>
以前は確かにバッグが体内に破裂した事故がありましたが、瀕死の重傷を負うくらいのショックを受けなければ、現在の豊胸手術ではバッグは壊れていないと言われています。技術は着実に向上していますので、手術が必要な人はあまり心配する必要はありません。 10年以上前にバッグを誰が挿入した人は注意が必要です。心配なことがある場合は、すぐに医師に相談してください!他の脂肪注入法についても、ヒアルロン酸やPPPジェル注入法は、手術後に心配な後遺症がある場合はすぐに医師に連絡してください!

<千葉・20代・美容外科カウンセラー>
豊胸手術で不安な後遺症を予防するためには、カウンセリングと医師の選択が重要です!
後遺症が出てくるのは誰にとってもうんざりですが、予防措置を取ることによってリスクを大幅に軽減することも可能です。

ここでは、豊胸手術の後遺症を予防する方法について説明します。

医者を選ぶことが最も重要です・・
異なるタイプの豊胸手術による後遺症の予防方法に関しては割愛するとして、どのようなタイプの手術を選択したとしても、訓練を受けた経験豊富な医師を選ぶことがこれまで以上に重要です。
豊胸手術を同じ方法で行っても、異なる診療所や医師がいれば、結果と後遺症の有無が異なる可能性が非常に高いです。優秀な医師を選ぶためには、各医院のサイトを見ることが最優先です。そして豊胸手術の技術のどれが行われているのを見てみましょう。
病院全体の治療回数だけでなく、医師の症例の数や経過、麻酔医の有無などを確認することも重要です。美容整形外科医にとって、他の部門から転職した医師は少なくないので、経験は年齢に比例ことに注意してください。

慎重にカウンセリングを受けましょう・・
美容外科では無料カウンセリングが行われています。まず、カウンセリングを受けた後、あなたが欲しいものについて願いを伝え、どんな種類の豊胸手術が良いか話し合ってみましょう。

このカウンセリングにより、クリニックの方針、医師のスキル、症例数、性格を見ることができます。あなたの悩みを慎重に聞いて適切な助言をする医者なら、安心することができます。

豊胸手術は、元の体格やバストサイズによって個人差が大きい世界ですので、最適な技術と安全性を十分に納得して手術を受けることで後遺症のリスクを減らせるでしょう

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •