•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎前突

<東京・20代>
下顎は上顎に比べてしばしば発達するため、下顎は長く見えるので、顔の中心がへこんで見えることがあります。
一口で “受け口、しゃくれあご、下顎前突”と言われても、それはいくつかの形式に分類することができ、推奨される治療方法は若干異なります。

タイプ1:最も一般的なタイプの下顎前突・・
上顎の前にる下顎が出てくるので、それはいわゆ「受け口」と呼ばれる症状です。咬合は、下歯が上歯の前に位置する状態であるため、うまく咬み合わせできません。下顎の先端が前にはみ出し、歯がないようで、下歯が前歯から出ているために、見た目が悪いといった症状があります。相談してくる人の中には、すでに歯列矯正歯科で「受け口」の歯の治療を治療していたが、「受け口、しゃくれあご」に特有の顔の印象は治らなかった、と心配している人もいます。最初の治療計画の段階で上顎と下顎の骨の位置関係と歯並び治療を総合的に考えて、あなたの希望する顔を伝えることでこの失敗が起こることを防ぐことができます。

治療法1:下顎骨骨切り術で下あごを後ろに下げる方法または、下顎骨骨切り術+ルフォーⅠ型上顎骨骨切りで上あごを前に出す方法のどちらかが選択されます。

タイプ2:両脇の下顎のラインと顔が長くて大きく見えるタイプの下顎前突・・
下顎の骨自体が長いので、顔が長くて大きく見える。上下の唇を一緒に口を閉じたり、笑ったりすると顎が目立つ、笑うと歯ぐきが見えなどの症状があります。
処置方法2:下顎骨骨切り術で下顎を下げながら、ルフォー I型上顎骨切り術を用いて上顎を前進させる方法を選択します。

タイプ3:咬合は悪くないが、下顎の先端だけが長く出ているので受け口のように見える。・・
一見、下顎の先端だけが出ているようだが、咬合は悪くないので、治療の選択については迷うところです。
処置方法2:ルフォーⅠ型上顎骨骨切り術を用いて上顎を時計回りに回転させる方法を採用することにより、下顎骨切開術が可能になり、咬み合わせがずれない位置に固定される。これにより、全体的な顔の形を損なうことなく下顎を後方に下げることができます。

タイプ4:下顎が幅広くて長い下顎前突のタイプ・・
下顎全体が大きくて長くて幅が広いタイプの受け口です。
従来の治療法1か治療法2に加えて、下顎自体の形状を減少させるVライン手術を加えることにより、より好ましいフェイスラインを得ることができます。

タイプ5:顔の中心または鼻の周辺がへこんで見える下顎前突のタイプ・・
目から中央、鼻の周りの成長が低いため、下顎が相対的にでて見えている状態である。
表情は暗く見え、老けていると見なされます。処置2に加えて、下顎自体の形状を減少させるVライン手術を加えることにより、より良好な輪郭ラインを得ることができます

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •