•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


上顎前突・失敗

<佐賀・20代・美容外科カウンセラー>
上顎前突の手術後には下記のような症状が現れる場合があります。失敗した!と感じてしまうかもしれませんが、それぞれのトラブルに適した対応を取ることで解決できるかもしれません。

1 上顎前突手術後に唇が薄くなる・・
1-1失敗症例
口元の骨が後ろにいくと、歯に押し出されていた唇はが下がって薄くなります。
1-2トラブルへの対応
薄くなった口唇と口をふさぐためにヒアルロン酸注射をお勧めします。ヒアルロン酸の効果は永久的ではないので、定期的に(約1年に1回)繰り返す必要があります。
脂肪注入は半永久的な効果を期待できるが、精度にかけ、満足のいく結果が得られるまで繰り返さなければならないでしょう。その他口唇拡大で唇を伸ばしたり、上口唇短縮術で唇を短くして肌を切り取ったりするのが効果的です。ただし、手術前の唇には戻らないことをご了承ください。

2 上顎前突手術後に上唇が長くなったという印象を受ける(上顎前突に限る)・・
2-1失敗症例
前方に突き出た上唇は後退してまっすぐになるので、上唇はより長く感じることがあります。
2-2トラブルへの対応
上唇が長くなっていると感じたら、上口唇短縮で上唇を短くする手術で改善してください。ただし、手術前と同じ口元に戻らないことをご理解ください。

3 上顎前突手術後に歳をとった印象になる・・
31失敗症例
口を後ろに下げることによって、手術前よりも老けた印象に見えるかもしれません。
3-2トラブルへの対応
若々しい印象を与えるために、ヒアルロン酸注射は少し膨らみを持った印象を与えますが、持続性はありません。
脂肪注入は半永久的な効果を期待できるが、正確さはありません。満足のいく結果が得られるまで繰り返す必要もあります。その他口唇拡大で唇を伸ばしたり、上口唇短縮術で唇を短くして皮膚を切り取ったりするのが効果的です。

4 上顎前突手術後に鼻が広がる・・
4-1失敗症例
手術中に鼻の骨とつけ根の肉を剥がす必要があります。したがって、笑っているときに働く筋肉が引っ張られ、鼻が広がることがあります。
4-2トラブルへの対応
気になる場合は、小鼻縮小術を行うことで改善してください。ただし、操作前と同じ鼻の形状ではありませんのでご了承ください。

5 上顎前突手術による火傷・すり傷・色素沈着・・
5-1失敗症例
手術のために口を広く開くことができる器具を使用するので、口唇に火傷・すり傷・色素沈着が起こり得ます。
5-2トラブルへの対応
ほとんどの場合、それは自然に回復します。必要に応じて、色素を薄くするハイドロキノンクリームと、皮膚の代謝を促進し、新しい皮膚を再生するトレチノイン+ハイドロキノンクリームが処方されています。

6 上顎前突手術のレントゲン(X線)、CT、MRIへの影響・・
6-1失敗症例
骨が切断された部分と骨を固定している金属板またはワイヤーが画像に転写されます。しかし、CTやMRIの検査を受けることに支障はありません。
6-2トラブルへの対応
レントゲン(X線)、CT、MRIのいずれの検査も問題なく受けられますが、固定金属が表示されます。人体に問題のない骨に馴染みのある金属を使用しているため原理的に抜去する必要はないと思いますが、本当に気にしていれば手術後4ヶ月で除去することができます。その場合は、同じ場所を再度切開します

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •