•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


両顎手術

<大阪・30代・美容外科勤務/ブロガー>
今日は、両顎手術と輪郭手術を行った後の話です。噛み合わせが悪かったり、小顔になりたいがために、両顎手術や輪郭手術を受ける患者が数多くいます。
ところが噛み合わせは改善され、顔も小さくなったにもかかわらず、再びクリニックで美容整形手術を受けている人が少なくありません。
理由は、顔のバランスを調整するためです。
ダイエットや体重を減らした後、いつもの服が大きく感じられるのと同じ原理で、骨を切れば切るほど物理的に空間が作られるので、顔にはより多くの皮膚と肉がついたように錯覚するのです。特に両顎手術を行った人は、しばしば鼻の手術を行うことがあります。ねらいは、小顔になったのとあわせるように鼻の幅を小さくするか、または高くすることです。
ここからは、両顎手術と輪郭手術の後によく行なわれる手術、さらに行なうことでより高い効果が得られる手術の情報を紹介しようと思います。

①鼻形成
顎の手術と輪郭の手術、双方の後に、シャープなフェイスラインになったはいいが、顔の中心に存在する鼻とバランスがとれなくなることがよくあります。鼻の整形は手術後の顔の側面および正面のラインに調和するよう、患者に最適な鼻の形状に仕上げる手術です。
3次元的フェイスラインになったにもかかわらず、やや不満足でどこか違和感のある印象、それを改善するのが目的です。顎や輪郭の手術から約2〜3ヶ月たてば行なうことができ、顔は立体的に見え、美しい輪郭をさらに洗練させることができます。

②フェイスリフト
両顎や輪郭の手術後、通常なら骨が小さくなり、組織が集まり、弾力性が回復します。戻るまでに要する時間には個人差がありますが、ほとんどの人は元の弾力性まで半年~1年たてば回復します。しかし、顔の肉が多すぎる人や年齢のせいで弾力性に乏しい人は、骨が小さくなるほどたるみが生じてきます。そのような場合にフェイスリフトが非常に適しています。
たるみがひどい場合は、糸リフトをお勧めします。リフトアップには多くの種類がありますが、たるみ状態、さまざまな年齢に応じて推奨されるリフトアップの種類が異なります。

③二重顎の脂肪除去
顎と輪郭の手術後、顎部分の組織がそのまま残っていると、だぶついて二重顎のように見えることがあります。このような場合には、顎の下部の脂肪吸引を行い、同時に締め付け効果を有するVelodidaserが行われます。これにより、下顎のラインがより鮮明になり、顔が小さく見え、側面から見ても美しい輪郭になります。

以上が両顎手術・輪郭手術の後に行われるとより効果的になる手術でした。まったく必要としなかった人や、ぜひやったほうがよい人など、あくまで個人差があります。ちなみに年齢や性別はあまり関係していないようです。

<名古屋・20代・一読者>
私は輪郭や両顎手術について考えています。日本に骨切り専門の病院はありますか?結局のところ韓国に行かなければならないのでしょうか?韓国では、二重顎の外科手術に関する専門病院があるようです。私は2年前に日本の大学病院で下顎を前進させる手術をしましたが、仕上がりが正直言って好きではなく、再手術を検討しています。お勧めの病院などがあれば教えてください。

<東京・20代・一読者>
両顎手術でいろいろ調査し、韓国で手術を計画しています。年末に休みを取ったので予約をいれました。日本の通常の美容外科クリニックは輪郭であまり多くの症例をこなしていないようです。かといって大学病院での両顎手術だと手術後も理想的な顔になることはないようです。
韓国には輪郭に特化した病院がいくつかあるようですが、ID美容外科は両顎手術に特化しているようです。輪郭手術なら小さな病院でも行われるようですが、両顎手術は簡単な手術ではないので経験と実績が重要です。小さな病院は安全ではないと思うのでちょっと怖いというのもあります。他の人はよく分かりませんが、有名で雰囲気も良かったのでそこで手術をやることにしました。まず第一に、さまざまな病院でカウンセリングを受けるのが良いと思います

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •