•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ形成・中抜き

<名古屋・30代・一読者>
オトガイ形成・中抜きの骨片固定・・
オトガイ形成でオトガイ骨を2段水平骨切りし、中抜きしたあと、遠位の骨断片をプレートで固定する。その場合、オトガイが突出している場合は後退させ、オトガイが後退している場合は前進させる。前進の場合、オトガイ筋群による後戻りを防ぐためにプレートをしっかりと固定する必要がある。クリニックによってはロッキングプレートを使用し、しっかり固定される。

オトガイ形成・中抜きの両端の段差処理・・
骨を固定した後の段差は、患者の元の骨の形状、空洞の量によって異なるが、手術をした後は段差を残すと目立つ。段差がなくなるまで、骨の底を指で慎重に確認し丁寧に削る必要があるが、この作業はこの手術の最も難しい部分である。この段差は通常オトガイ孔の下にあるので、神経を傷つけずに維持するためには、経験が必要である。また、下の歯槽神経の走行は、オトガイ孔の外側の2cmの最下点を通り抜けている。段差削りを進めると、触れやすいので細心の注意を払わなければならない。

オトガイより外側の削骨範囲は、オトガイ~下顎角(エラ)の中点まで底を慣らす。下顎下縁形態に応じて、3種類の骨切り術(弱弯・中弯・強弯)を用意し、適切に使用します。また、場合によっては、下顎の下縁を振動骨鋸で下顎角の方向に骨切りする必要があるかもしれない。細かい修正を行うには、ラウンドバー、ピエゾなどを使用します。
※3次元モデルは非常に便利です。 3次元モデルがなければ、手術は直観でのみ行われ、神経損傷の危険性が増すため、3次元モデルが絶対に必要です。

オトガイ形成・中抜きの閉創・・
手術野を洗浄した後、骨膜縫合、粘膜縫合および2つの層を閉創する。ペンローズドレーンはスリムに加工され、中央部に2個、オトガイ神経外側にそれぞれ1個ずつ合計4個の部分が残される。このドレーンは退院時に除去される。

オトガイ形成・中抜きのオトガイ下端削除術・・
オトガイの長さが標準値(女性35mm、男性38mm)より3〜4mmだけ長い場合、水平骨切り術の代わりに下顎の先端を削骨することによって短縮する方法もある。
先端を削るとき、広頚筋、顎二腹筋(前腹)、顎舌骨筋など剥離は最小限に抑えられます。約3〜4mmの削骨であれば、下顎骨の裏側に筋肉が付着し、すべてが脱落するわけではないので、手術後の術後のオトガイ下部(裏側)のたるみを最小限に抑えることができます。先端が5mm以上短くなると、筋肉のたるみが目立つように見えるので、下顎のたるみが強くなる傾向があり、水平骨切り術を行うべきである。
※いずれの手術でもオトガイを短くすると、オトガイの筋肉や皮膚が比較的過剰なので、筋肉の下面のたるみ、オトガイ前方への突出が少し現れますので、余剰量計算した設計が必要になるでしょう

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •