•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨削り・リスク

<大阪・20代>
頬骨削りのダウンタイム・腫れ・・
頬骨削りは1泊入院手術となります。
クリニックにより異なりますが、術後のダウンタイムや腫れが懸念され1泊は入院することを固くおすすめします。

頬骨削りのリスク・・
麻酔科の在籍する美容外科では、経験豊富な麻酔科医によって全身麻酔がされ、手術中に管理もされるため、リスクを大幅に軽減した手術が可能になります。
また、手術後の退院後には、優良院であれば緊急時にも即座に対応できる体制を整えているので、低リスクで頬骨削りの治療できるように配慮されていきます。

頬骨切り・頬骨削りで可能性のあるリスク・・
考え得るリスクとして頬骨削りで注目すべきことは、眼窩下神経障害、過度の削りすぎによる頬骨の強度低下、過度の剥離操作による表情の不自然さなどがあげられます。それぞれは、頬の痺れ、骨折、顔のたるみを引き起こす原因をつくります。通常、重度の頬の痺れがある場合でも、時間の経過とともに治癒します。

インフラクチャー法で起こりうるリスクは口を開けることの難しさです。
頬骨弓と側頭骨との間に下顎骨および側頭筋が入る空間があります。スペースが狭すぎると口を開けにくくなります。手術の腫れによって空間が狭くなると、腫れが治癒したときに治癒します。頬骨弓をある程度内側に動かさないと、顔の幅が狭くならず、あまり動かしすぎると口を開くのが難しくなりますが、絶妙な場所で調整することが重要です。

その他の頬骨削りのリスクとしては、頬骨弓の表面には、顔面神経の側頭枝と呼ばれる神経が伸びています。
それは通常、神経を傷つけることはありませんが、それは手術で麻痺が発生しないように考慮する神経です。保護技術で手術を受けている限り問題はありません。

頬骨削りの後遺症・・
若々しい顔になり小顔効果が得られる頬骨削り。
安心して手術を受けた後、心配になるのが後遺症のリスクです。

頬骨削りの治療の流れ・・
術前のデザイン
顔を洗った後、医師が治療する部分を設計します。切っておきたい部分にフェイスラインをマークします。手術前にそれをデザインすることで、結果ははるかに美しくなります。

手術・・
切開手術の場合、約1〜2時間の手術後の1泊に病院に滞在します。翌日、医師の診察を受けて帰宅します。

アフターケア・・
優良院はアフターケアに重点を置いており、手術後に手術やケアを積極的に行っています

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •